夫と別れるというのは、最善の選択だったと思います。
とにかく、甲斐性がなく男としてもダメ人間って言った感じの人でした。
収入も少なく家計も厳しかったし、家庭サービスなどもまったくありませんでした。
さらに自分勝手と言う事で、私たちは振り回され続けてしまっていたのです。
自分のためにも子供のためにも、一緒に生活をしているのはとても耐えることができないという状況になっていたために、別れる決意をしました。
別れてからは仕事復帰して、嫌な夫のいない生活を満喫できるって気持ちにもなっていました。
本当に気分的には晴々していたし、あとは順風満帆になんて言う気持ちもありました。
ただ、やはり仕事をしながら子供たちの面倒も見なければならないから、これはかなりキツイなって感じもしていました。
収入だって多いわけでもなく、子供の将来や自分の将来はやっぱりあまり明るくないなという感じでした。
ずっとシングルでいるつもりもなく、できれば再婚を考えていたのです。
もちろん前の夫のように低収入ではなく、高年収の方との出会いを求めている気持ちがありました。
お金持ちの方と知り合って玉の輿に乗れば、もっとすてきな生活が手に入りますからね。
待っていても出会いというのはやってきませんから、出会いの場に参加をするようになっていきました。
子供たちも次の出会いに対してだ応援してくれていましたし、「いい人見つけなよ」って生意気なこと言ってくれるんです。
そこで、お見合いパーティに積極的に参加するようになっていきました。
もしかしたら、富裕層の方がいて仲良くなっていく事が可能かもしれません。

40代からの婚活というのも当たり前の時代ですから、参加者も多いのです。
もしかしたら素晴らしい出会いもあるかも、そんな気持ちだって持っていました。